026-219-3068 / 080-4454-1899
ルビ(ふりがな)

新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症対策

個人向け緊急小口資金等

大切な お知らせ

申し込みの 締め切りが 2022年3月31日までに なりました。
(変わる 前は 2021年11月30日まで でした。)

(一時的な資金の緊急貸付に関するご案内)
10言語で紹介しています。
日本語やさしい日本語英語(English)中国語(中文)韓国語(한국어)スペイン語(Español)ポルトガル語(Português)ベトナム語(Tiếng Việt)ネパール語(नेपाली भाषा)ベンガル語(বাংলা)

【緊急小口資金】

生活費<=生活するためのお金>がなくて,すぐにお金が必要な人に,しばらくの間,少しお金を貸します。

借りることができる人 新型コロナウイルス感染症の影響で仕事が休みになり, 収入が少なくなった世帯<=同じ家で生活のためのお金を一緒に使っている家族>。

※ 新型コロナウイルス感染症の影響で収入が少なくなったときは,仕事を続けている人も借りることができます。

借りることができるお金 ・子どもの学校などが休みになった人,個人事業主<=個人で仕事をしている人>等は,20万円までです。
・その他の人は,10万円までです。
※利子は0(ゼロ)です。保証人<=あなたがお金を返すことができないときに,代わりに返すと約束する人>はいりません。
借りたお金を返す日 2年以内に返してください(借りてからお金を返し始めるのは1年後でいいです。)。

※お金を返すとき,まだ収入が減ったままの「住民税非課税世帯」<=収入が少なくて住民税が0(ゼロ)になる世帯>の人は,お金を返さなくてもいいです。

申し込みの締め切り

2022年3月31日まで

申し込み方 申込みは、住んでいる市町村の社会福祉協議会からできます。
詳しいことを知りたいとき (国に相談できる電話番号)

コールセンター:0120-46-1999(平日のみ午前9時から午後5時まで)

(厚生労働省ホームページ)

【日本語】https://corona-support.mhlw.go.jp/seikatsufukushi/index.html
【英語】https://corona-support.mhlw.go.jp/seikatsufukushi/en/index.html

(長野県内の社会福祉協議会)

市町村社会福祉協議会を見てください。

 

【総合支援資金】

生活ができるようになるまで、生活に必要なお金を貸します。

借りることができる人 新型コロナウイルス感染症の影響で,収入が少なくなったり,仕事がなくなったりした世帯。

※ 新型コロナウイルス感染症の影響で収入が少なくなったときは,仕事を続けている人も借りることができます。

借りることができるお金 ・2人以上の世帯は,月20万円までです。
・1人の世帯は,月15万円までです。
※利子は0(ゼロ)です。保証人<=あなたがお金を返すことができないときに,代わりに返すと約束する人>はいりません。
借りることができる期間 原則<=特別なことがない場合>3か月まで
借りたお金を返す日 10年以内に返してください(借りてからお金を返し始めるのは1年後でいいです。)。

※お金を返すとき,まだ収入が減ったままの「住民税非課税世帯」<=収入が少なくて住民税が0(ゼロ)になる世帯>の人は,お金を返さなくてもいいです。

※はじめに「緊急小口資金」を借りたあと,まだ収入が減ったままのとき,さらに「総合支援資金」を借りることができます。

申し込みの締め切り 2022年3月31日まで(初めて 借りる とき)
2021年12月31日 まで(再貸付の とき)
申し込み方 申込は、住んでいる市町村の社会福祉協議会からできます。
詳しいことを知りたいとき (国に相談できる電話番号)

コールセンター:0120-46-1999(平日のみ午前9時から午後5時まで)

(厚生労働省ホームページ)

【日本語】https://corona-support.mhlw.go.jp/seikatsufukushi/index.html
【英語】https://corona-support.mhlw.go.jp/seikatsufukushi/en/index.html

(長野県内の社会福祉協議会)

市町村社会福祉協議会を見てください。

 

新型コロナウイルス感染症情報 一覧